仕事をやめたい時がやめ時である理由

ある芸人さんが家電をいつ買えばいいのか聞かれた時に「買いたい時が買い時!」と答えていました。会社を辞めるタイミングもそれと同じだと私は思います。ですが仕事は生活に直結する大切なことです。なので、まずは本当に自分が辞めたいのかどうか見極める必要があります。家電も買ってから「やっぱり買わなければよかった」と思っても返品できなかったり制限があったりするものです。もし辞めてしまった後で戻りたくなってしまってもなかなか戻ることはできません。辞めたい理由と踏み留まった方がいい理由をそれぞれ書き出してみるとわかりやすいです。理由を書き出してなお辞めたいと思ったら、辞める準備を始めましょう。家電を買う時も他社と比較したり予算を考えたりしますよね。それと同じで、退職するために必要なことや問題を一つずつ片付けていく必要があります。今働いているところを辞めるために必要なことだけでなく、次に働く場所探しも同時に行わなければなりません。なので退職はなかなか大変なことです。それでも会社を辞めたいなら、辞めたほうがいいと私は思います。辞めたら生活ができないと考えている方も多いかもしれませんが、意外となんとかなるものです。自分や家族にとって丁度いいスタンスに落ち着くまでは、色々失敗したり回り道をしたりしてしまうかもしれませんが、最後は皆にとって無理のないかたちに落ち着くことが多いです。辞めたい会社にい続けているということは、無理があるかたちに収まろうとがんばっている状態です。はまらないパズルのピースを無理にはめようとしても、形が違うのではまることはありません。紙なので無理すれば入りますが、パズルは壊れてしまいます。なので、皆が無理をすることなく収まることのできる場所を探すことが大切です。また辞めたいなら辞めたほうがいい理由の2つ目として、その無理なく収まれる場所というものが年齢と共にどんどん減ってしまうからという理由もあります。無理をして働き続けるほど、無理をせずに働ける可能性がどんどん減ってしまいます。もし若いうちなら新たなスキルを身につけて新しい別のジャンルの仕事に付くことも可能ですが、年齢がいってしまってはそういったことも難しくなります。辞めたいと感じたら、それはその仕事が自分にあっていないためです。がんばることは素晴らしいことだと思いますが、無理をすることが正しいことではないことは忘れないようにして、仕事は生活の中の1つでしかないというくらいの気持ちで、自分にあった仕事を探したほうがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です