会社員はやりたいことをやるべき理由

会社で働いている時に場合によってはその会社を辞めたいと思う事もあるかと思います。ですがいざ実際にその会社を辞めたいと思ってもそのやめるべき理由をどうしたら良いか迷ってしまうというのはあるかと思います。なぜなら大抵会社を辞めたいと思ってたやめる時の理由はそこでこれ以上働きたくないと本気で思ってやめるのでその事を言ってやめるのはできるだけ避けたいと思うからです。それはいくらその会社で働くのはもう嫌だと思ってやめる場合でもできれば穏便に事を進めてそこをやめたいという気持ちがあるからです。ですから本当はそこでこれ以上働くのは嫌で会社をやめる場合でも本当の事を言わずに済むなら言わずにやめた方が良いです。では実際に会社をやめる時はどう言ってやめるのが良いかというとおすすめは一身上の都合により退社するという旨の事を言ってやめるのが一番後腐れがないです。ただ会社によっては一身上の都合で会社をやめると言っても納得しない事があります。その場合にはいくら一身上の都合でやめると言っても埒が明かないのでその場合に初めて会社をやめたい理由を言ってやめるのが良いです。確かにその時に本当にその会社に不満があってやめるという事を言えば相手に悪い印象を与えます。ですが一身上の都合でやめたいと言っても納得してもらえない場合は本当の理由を言ってしまった方が良いです。そうすれば会社をやめる事に納得していなかった場合でも相手は何で会社をやめようと思っているかという事が分かってすんなり辞職を認めてくれるようになります。ちちろん場合によってはそれでも納得してくれない事もあるかと思います。ですがそんな事はまずないので一身上の都合でやめると言っても納得してもらえなかった時に限って本当に自分がその会社をやめたい理由を話すと良いです。また場合によってはもっと前向きな理由でその会社をやめたいという事もあるかと思います。その場合もやはり最初は一身上の都合でその会社をやめたいという事を言うのが賢明です。なぜならいくら前向きな理由でその会やめる場合でも会社をやめて別の事をする事に変わりはないからです。なので最初はあくまで一身上の都合でそこをやめたいと言ってそれで納得してもらえなった時にだけ本当の理由を言ってやめるのが良いです。それで場合によっては喧嘩別れもあり得ますがすぐに決着させたいなら本当にやめたい理由を話した方が良いというのはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です