会社員がフリーターになるためには?

1.会社員組織というものにぞくしているかどうか?殺し屋などの犯人にエージェントがついているかどうか?と問う声は消えたことがない。一匹狼に信頼は置かない。それで、危ない仕事について組織に属したものを雇うのだろう。簡単に汚い仕事に手を染め、簡単に人生を棒二振ってしまう人などいないのだ!どんなやり取りなのかが聞こえてくると考えることになる。組織と言って犯罪を請け負うエージェントではなく、一般の企業に勤めなければ大変なことになる!そんな危機感を抱いたのは一度や二度ではない。大学を卒業して就職した会社を辞めなければよかったと後悔ばかりの人生だというのが、表向きの人生である。会社に勤め、一流企業に努める友人と肩を並べ人生を謳歌した日々。何気ない日常でしかないが、バブルを象徴する豊かさが友情や日々を謳歌する美しさに現れていた。2.会社員でい続けるか否か?選択は二つに一つである。勤めた会社にい続けるか、辞めてしまうか。勤めている間は日常になってしまいわかりにくいが、組織に属していることにより自分なるものの要素が構成される。価値と値踏みするのは、転職の約束がなければ犯罪者だ。既に刑務所から出てこれない者かもしれない。他にすることがない!という犯罪者が存在することの恐怖の一端である。新しい仕事や転身の足がかりや専業主婦になる結婚の予定やそんな次!というものを約束して辞めるのであれば理想的だ。一つの会社で長く実績を積み上げて行くのが大事だという意見もあるが、新進の企業で信じ難い高い報酬を約束されステップアップする!という夢なような報酬の並ぶ求人サイトを見たことがある。オカシイことしか言わない者の中にそんなチャンスが来るはずだと信じている者がいたのだろう。3.辞めるということ会社に勤めていることで勤めている会社を後ろ盾と呼んでいたのだろう。会社代表のように後ろ盾と呼ぶ社員が一人いたのだろう。バックアップが自分にはついていると領地争いのような強奪が口の裂けた獣の共食い共倒れという救いのない戦争と化した。治める人がいない共倒れという納得のいかない事態が、たった一人の社員により救われるのではないか?そんな話だった。たった一人の社員が辞めるのは得策ではない。やはり、戦国時代に戻るより会社員という後ろ盾が必要だ。辞めるという社員は、周りを不幸にしてやはり結局は辞めるのだろう。仕方がないでは済まなかった。それがあらましだ。
ご意見箱
× 今後表示しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です