仕事をやめたい時がやめ時である理由

ある芸人さんが家電をいつ買えばいいのか聞かれた時に「買いたい時が買い時!」と答えていました。会社を辞めるタイミングもそれと同じだと私は思います。ですが仕事は生活に直結する大切なことです。なので、まずは本当に自分が辞めたいのかどうか見極める必要があります。家電も買ってから「やっぱり買わなければよかった」と思っても返品できなかったり制限があったりするものです。もし辞めてしまった後で戻りたくなってしまってもなかなか戻ることはできません。辞めたい理由と踏み留まった方がいい理由をそれぞれ書き出してみるとわかりやすいです。理由を書き出してなお辞めたいと思ったら、辞める準備を始めましょう。家電を買う時も他社と比較したり予算を考えたりしますよね。それと同じで、退職するために必要なことや問題を一つずつ片付けていく必要があります。今働いているところを辞めるために必要なことだけでなく、次に働く場所探しも同時に行わなければなりません。なので退職はなかなか大変なことです。それでも会社を辞めたいなら、辞めたほうがいいと私は思います。辞めたら生活ができないと考えている方も多いかもしれませんが、意外となんとかなるものです。自分や家族にとって丁度いいスタンスに落ち着くまでは、色々失敗したり回り道をしたりしてしまうかもしれませんが、最後は皆にとって無理のないかたちに落ち着くことが多いです。辞めたい会社にい続けているということは、無理があるかたちに収まろうとがんばっている状態です。はまらないパズルのピースを無理にはめようとしても、形が違うのではまることはありません。紙なので無理すれば入りますが、パズルは壊れてしまいます。なので、皆が無理をすることなく収まることのできる場所を探すことが大切です。また辞めたいなら辞めたほうがいい理由の2つ目として、その無理なく収まれる場所というものが年齢と共にどんどん減ってしまうからという理由もあります。無理をして働き続けるほど、無理をせずに働ける可能性がどんどん減ってしまいます。もし若いうちなら新たなスキルを身につけて新しい別のジャンルの仕事に付くことも可能ですが、年齢がいってしまってはそういったことも難しくなります。辞めたいと感じたら、それはその仕事が自分にあっていないためです。がんばることは素晴らしいことだと思いますが、無理をすることが正しいことではないことは忘れないようにして、仕事は生活の中の1つでしかないというくらいの気持ちで、自分にあった仕事を探したほうがいいと思います。

会社員はやりたいことをやるべき理由

会社で働いている時に場合によってはその会社を辞めたいと思う事もあるかと思います。ですがいざ実際にその会社を辞めたいと思ってもそのやめるべき理由をどうしたら良いか迷ってしまうというのはあるかと思います。なぜなら大抵会社を辞めたいと思ってたやめる時の理由はそこでこれ以上働きたくないと本気で思ってやめるのでその事を言ってやめるのはできるだけ避けたいと思うからです。それはいくらその会社で働くのはもう嫌だと思ってやめる場合でもできれば穏便に事を進めてそこをやめたいという気持ちがあるからです。ですから本当はそこでこれ以上働くのは嫌で会社をやめる場合でも本当の事を言わずに済むなら言わずにやめた方が良いです。では実際に会社をやめる時はどう言ってやめるのが良いかというとおすすめは一身上の都合により退社するという旨の事を言ってやめるのが一番後腐れがないです。ただ会社によっては一身上の都合で会社をやめると言っても納得しない事があります。その場合にはいくら一身上の都合でやめると言っても埒が明かないのでその場合に初めて会社をやめたい理由を言ってやめるのが良いです。確かにその時に本当にその会社に不満があってやめるという事を言えば相手に悪い印象を与えます。ですが一身上の都合でやめたいと言っても納得してもらえない場合は本当の理由を言ってしまった方が良いです。そうすれば会社をやめる事に納得していなかった場合でも相手は何で会社をやめようと思っているかという事が分かってすんなり辞職を認めてくれるようになります。ちちろん場合によってはそれでも納得してくれない事もあるかと思います。ですがそんな事はまずないので一身上の都合でやめると言っても納得してもらえなかった時に限って本当に自分がその会社をやめたい理由を話すと良いです。また場合によってはもっと前向きな理由でその会社をやめたいという事もあるかと思います。その場合もやはり最初は一身上の都合でその会社をやめたいという事を言うのが賢明です。なぜならいくら前向きな理由でその会やめる場合でも会社をやめて別の事をする事に変わりはないからです。なので最初はあくまで一身上の都合でそこをやめたいと言ってそれで納得してもらえなった時にだけ本当の理由を言ってやめるのが良いです。それで場合によっては喧嘩別れもあり得ますがすぐに決着させたいなら本当にやめたい理由を話した方が良いというのはあります。

会社員がフリーターになるためには?

1.会社員組織というものにぞくしているかどうか?殺し屋などの犯人にエージェントがついているかどうか?と問う声は消えたことがない。一匹狼に信頼は置かない。それで、危ない仕事について組織に属したものを雇うのだろう。簡単に汚い仕事に手を染め、簡単に人生を棒二振ってしまう人などいないのだ!どんなやり取りなのかが聞こえてくると考えることになる。組織と言って犯罪を請け負うエージェントではなく、一般の企業に勤めなければ大変なことになる!そんな危機感を抱いたのは一度や二度ではない。大学を卒業して就職した会社を辞めなければよかったと後悔ばかりの人生だというのが、表向きの人生である。会社に勤め、一流企業に努める友人と肩を並べ人生を謳歌した日々。何気ない日常でしかないが、バブルを象徴する豊かさが友情や日々を謳歌する美しさに現れていた。2.会社員でい続けるか否か?選択は二つに一つである。勤めた会社にい続けるか、辞めてしまうか。勤めている間は日常になってしまいわかりにくいが、組織に属していることにより自分なるものの要素が構成される。価値と値踏みするのは、転職の約束がなければ犯罪者だ。既に刑務所から出てこれない者かもしれない。他にすることがない!という犯罪者が存在することの恐怖の一端である。新しい仕事や転身の足がかりや専業主婦になる結婚の予定やそんな次!というものを約束して辞めるのであれば理想的だ。一つの会社で長く実績を積み上げて行くのが大事だという意見もあるが、新進の企業で信じ難い高い報酬を約束されステップアップする!という夢なような報酬の並ぶ求人サイトを見たことがある。オカシイことしか言わない者の中にそんなチャンスが来るはずだと信じている者がいたのだろう。3.辞めるということ会社に勤めていることで勤めている会社を後ろ盾と呼んでいたのだろう。会社代表のように後ろ盾と呼ぶ社員が一人いたのだろう。バックアップが自分にはついていると領地争いのような強奪が口の裂けた獣の共食い共倒れという救いのない戦争と化した。治める人がいない共倒れという納得のいかない事態が、たった一人の社員により救われるのではないか?そんな話だった。たった一人の社員が辞めるのは得策ではない。やはり、戦国時代に戻るより会社員という後ろ盾が必要だ。辞めるという社員は、周りを不幸にしてやはり結局は辞めるのだろう。仕方がないでは済まなかった。それがあらましだ。
ご意見箱
× 今後表示しない

仕事を辞める時は自分と一度向き合うべき

会社員が会社を辞めたいときに辞めるべき理由はいくつか存在します。それは大きく分けると“精神的苦痛““やる気が起きない“からです。では、この2つの理由を詳しくご紹介します。【精神的苦痛】人間は1度「仕事を辞めたい」と思ってしまうと仕事に行くこと自体が嫌になってしまいがちです。例えば職場の上司から日に日に怒られる回数が増え、心的な苦痛を味わった場合「今日また怒られちゃうのかな?」とトラウマになってしまったりします。また、職場の人から陰口を言われたり、省かれているわけではないけれど職場の人達とのコミュニケーション不足で人間関係が上手くいっているとは言えない場合、特に何かをされているわけではないけれど勤務中や休憩時間に孤独に感じることがあり、それが心的苦痛に感じてしまったりします。こうした精神的苦痛は初めは「この位我慢しなくちゃ」「あと〇日行けばお休みだし」などと思って我慢してしまいがちなのです。ですが毎日の我慢が積み重なり余計に精神的苦痛の度合いが重くなり、精神面だけの苦痛ではなく今度は“恐怖の記憶“へと変わっていってしまいます。恐怖の記憶へと変わってしまうことで「仕事に行きたくない」という気持ちがより強くなり、体は元気なのに体が拒否反応を起こし仕事を休みがちになってしまいます。精神的苦痛は我慢をして日々耐えているとどんどん悪化していってしまいます。我慢しすぎてしまうことで精神的病にもなりかねないので、「仕事を辞めたいな」と感じたら今後の自分の為にも仕事を辞め、生き生きと働ける職場探しをするのが1番良いでしょう。【やる気が起きない】「この仕事辞めたい」と思いながら仕事をしてしまうと、業務に対しての姿勢が雑になり、「こんなもんでいいか」「適当でいいよね」などと思ってしまい周囲の人に迷惑をかけてしまう結果になります。仕事というのは働き、稼働していることによってお給料が発生するので、お給料を支払う会社からするとやる気のない人は会社にはいりません。やる気がなく、与えられた仕事をきちんとできない人に「お金を払いたくない」というのが普通です。「仕事を辞めたい」と思いながら適当に仕事をしていると同じ職場で働いている人たちにも迷惑がかかってきます。仕事に対してやる気が起きないということは与えられた仕事がきちんとできないということだけではなく、責任感も薄くなり社会人としての最低限のマナーすら気にしなくなっていきます。「仕事を辞めたい」と思ってからやる気が起きないというのは自分にはそれほどダメージはないですが、その分周囲の人たちに大ダメージがあるため、一生懸命仕事をしている人たちに迷惑をかけたり、足を引っ張らないようにするには仕事を辞めるべきです。「仕事を辞めたい」と思った時に辞めないと自分だけではなく、職場の人たちにも迷惑がかかるということを覚えておきましょう。

フリーターが会社を辞める時に知ってほしいこと

会社を辞めたいならぜひ辞めてしまおう!という理由を、私の体験談を交えながら考察しようと思います。会社を辞めたい!と強く思う理由は「人間関係」が原因という方は、かなり多いのではないでしょうか。かくいう私も人間関係で転職した口です。人間関係で苦労すると、好きな仕事だったはずなのにやる気が出なってしまったり、家に帰っても気になって落ち込んでしまったり…結局四六時中悩むようになってしまうんですよね。特に上司との関係がこじれてしまうと、言いたいことは言えませんし、命令は聞かないといけませんし(それが理不尽なものだったりするんですよねぇ)ストレスは溜まる一方です。ストレスが溜まって、友人や同僚に愚痴ってスッキリできるなら辞めずにいるのも良いかもしれませんが、愚痴る元気もなくなっていたら…その時は辞めるべきでしょう。悪口を言うパワーすら残っていないのは、心が病んでいる一歩手前です。(すでに病んでしまっている可能性も)心が壊れてからでは遅いのです。あなたの事は、あなたが守ってあげてくださいね。そんな人間関係がまかり通る会社に未来はありません。あなたから堂々と見切りをつけちゃいましょう!私も自分勝手でヒステリーな上司に散々苦しめられてきましたが、思い切って辞めたら心のなんと軽くなったことか。ストレスのない生活がこんなにも明るく楽しいものなのかと、なぜもっと早く辞めていなかったのかと思ったくらいです。次の会社が決まるまで2ヶ月もかかってしまいましたし、給料も下がってしまいましたが心の安寧はプライスレスだなあと痛感しました。その逆のエピソードもあります。同僚も同じ上司に悩まされていましたが、納得がいかなくとも頑張って勤め続けていたんですね。ご本人も気丈な方でしたので、上司とのいざこざもはねのける力があってすごいなあと思っていたのですが、結局うつ病になってしまいました。それでも休職しつつ在籍していたのですが、やはり勤め続けるのは難しいと最終的には退職されてしまったんですね。ご本人も悔しかったと思いますし、私にも何かできるとこがあったのではないかと考えさせられる部分がありましたが、やっぱり自分がおかしくなる前に逃げる事は決して間違いではないと思うんです。ご病気になってしまっても原因の上司には何のお咎めもないですし、損するのは本人なんです。扶養するご家族がいらっしゃる場合は退職も躊躇されると思いますが、そこは周りが理解してあげて早く楽にしてあげて欲しいと思います。そのためにも、事前に少々軍資金を貯めておいたり、次の職場の目星をつけておくなどの算段もつけておくと、安心して退職できると思いますよ。ちなみに介護職は他の職業に比べて転職がしやすいのでおすすめですよ。介護派遣なら働きながら国家資格を取得できます。