仕事を辞める時は自分と一度向き合うべき

会社員が会社を辞めたいときに辞めるべき理由はいくつか存在します。それは大きく分けると“精神的苦痛““やる気が起きない“からです。では、この2つの理由を詳しくご紹介します。【精神的苦痛】人間は1度「仕事を辞めたい」と思ってしまうと仕事に行くこと自体が嫌になってしまいがちです。例えば職場の上司から日に日に怒られる回数が増え、心的な苦痛を味わった場合「今日また怒られちゃうのかな?」とトラウマになってしまったりします。また、職場の人から陰口を言われたり、省かれているわけではないけれど職場の人達とのコミュニケーション不足で人間関係が上手くいっているとは言えない場合、特に何かをされているわけではないけれど勤務中や休憩時間に孤独に感じることがあり、それが心的苦痛に感じてしまったりします。こうした精神的苦痛は初めは「この位我慢しなくちゃ」「あと〇日行けばお休みだし」などと思って我慢してしまいがちなのです。ですが毎日の我慢が積み重なり余計に精神的苦痛の度合いが重くなり、精神面だけの苦痛ではなく今度は“恐怖の記憶“へと変わっていってしまいます。恐怖の記憶へと変わってしまうことで「仕事に行きたくない」という気持ちがより強くなり、体は元気なのに体が拒否反応を起こし仕事を休みがちになってしまいます。精神的苦痛は我慢をして日々耐えているとどんどん悪化していってしまいます。我慢しすぎてしまうことで精神的病にもなりかねないので、「仕事を辞めたいな」と感じたら今後の自分の為にも仕事を辞め、生き生きと働ける職場探しをするのが1番良いでしょう。【やる気が起きない】「この仕事辞めたい」と思いながら仕事をしてしまうと、業務に対しての姿勢が雑になり、「こんなもんでいいか」「適当でいいよね」などと思ってしまい周囲の人に迷惑をかけてしまう結果になります。仕事というのは働き、稼働していることによってお給料が発生するので、お給料を支払う会社からするとやる気のない人は会社にはいりません。やる気がなく、与えられた仕事をきちんとできない人に「お金を払いたくない」というのが普通です。「仕事を辞めたい」と思いながら適当に仕事をしていると同じ職場で働いている人たちにも迷惑がかかってきます。仕事に対してやる気が起きないということは与えられた仕事がきちんとできないということだけではなく、責任感も薄くなり社会人としての最低限のマナーすら気にしなくなっていきます。「仕事を辞めたい」と思ってからやる気が起きないというのは自分にはそれほどダメージはないですが、その分周囲の人たちに大ダメージがあるため、一生懸命仕事をしている人たちに迷惑をかけたり、足を引っ張らないようにするには仕事を辞めるべきです。「仕事を辞めたい」と思った時に辞めないと自分だけではなく、職場の人たちにも迷惑がかかるということを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です